500年前に始まった金継ぎのテクニックを使いながら、自分自身のアクセサリーを作るレッスンがスタート!

金継ぎは、割れたり欠けてしまった器の修理の技法ですが、立派なアートにもなるんです。

 

伝統的な金継ぎは、器などを修復する技術で、漆や純金を使って作ります。仕上がりには数ヶ月を要しますが、金継ぎアクセサリーは、モダンな材料を使って制作するために、どなたでも短時間で作る事が出来ます。 エポキシグルーや、真鍮粉を使いますが、仕上がりの輝きは、伝統的な金継ぎとあまり変わりません。

上の二つは陶器とアクリルの組み合わせ、下の二つは’陶器とビーチグラスの組み合わせです。

 

こちらのヘアーコームは、陶器と陶器の組み合わせ。

 

これは、選んで頂くビーチグラスや陶器の一部です。

 

 

 

金継ぎをしたお皿の上に置いてみました。

 

ビギナーコースは、約2時間。 陶器、アクリル、ビーチグラスから、2つのパーツを選んで作ります。

ーーピアス、又はイヤリング (合計2ピース)

ーーブローチピンとペンダントトップ (合計2ピース)

のどちらかをお選び下さい。

 

約2時間、レッスン代(教材費込み)88ドル

 

こちらは生徒さんの作品です!

 

 

7月と8月のワークショップ (日本語と英語)

(その時の予約状況でどちらかのみの言語になる場合もあります)

 

(月曜日)  18:00-20:00

7月29日、8月5日、8月12日、8月19日、8月26日

 

(木曜日)  18:00-20:00

7月25日、8月1日、8月8日、8月15日、8月22日、8月29日

 

(土曜日)  13:30-15:30

7月27日、8月3日、8月10日、8月31日

 

(日曜日) 10:30-12:30

7月28日、8月4日、8月11日、8月25日

 

 

その他の日時については、お問い合わせ下さい!

 

レッスンに含まれるもの。

★ 金継ぎアクセサリー作りに必要な物、全て
★ オリジナルテキスト
★ 簡単な金継ぎの歴史や哲学の知識
★ アクセサリー作りに必要な基本知識
★ ティータイム

 

カップルでのご参加もお待ちしています!

 

お子さん(10歳以上)から、どなたでも参加出来ますので、親子での参加も受け付けています。16歳以下のお子さんだけでの参加は出来ませんので、大人の方が一緒にご参加をお願い致します。 

 

ビギナーコースを終了した方は、アドバンスコースに進む事が出来ます。
アドバンスコースは、約3時間。
3種類以上のパーツを繋ぎ合わせ、パテを使って形を変えたりする等、より上級の金継ぎテクニックが学べます。
作る製品は、ヘアーアクセサリー、指輪、ブローチ、、、等10種類以上の中から2点選べます。


約3時間 教材費全て込みで:132ドル (GST込み)

お申し込みやご質問は、Emailにてお願い致します!

kintsugiaccessory@gmail.com

3日経っても返事が来ない場合は、ジャンクメールに入っていないか?など、お確かめの上、もう一度ご連絡下さいませ。  宜しくお願い致します。

 

–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–+–

金継ぎのレッスンをスタートして2年!

特にオーストラリア人に人気があり、コミニュティーカレッジでのレッスンは、いつも満席!

Cityのオフィスでは、オージーと日本人のカップルでの参加も多く、英語と日本語を交えてレッスンもしています。 他州から週末の2Daysコースに来る方も増えてきて、遠くはAlice SpringsやPerth、Adelaide、Melbourne、Brisbaneからも!

 

器を直す金継ぎのレッスンはビギナー(モダン金継ぎ)の1回(2時間)レッスンから、3回のトラディッショナル金継ぎ(又は週末2日間の集中講座)

金額など詳しい事はこちらのページにあります!

 

Homepageはこちらです(英語)