ウエディング・プランナーの仕事とは

ウエディングプランナーの仕事は、結婚が決まったカップルに 挙式や披露宴についての説明し、自社のチャペルや披露宴会場を利用して頂けるよう ご案内やアドバイスをする事から始まります。ときには新郎・新婦の人生の相談相手にもなり、お客さまと深くかかわりあいます。

こんな方がウエディング・プランナーにむいてます。

ひととお話しするのが大好き
面倒見が良い
体力に自信がある
人を喜ばせる事が好き
感動しやすい

ウエディング・プランナーになるには?

誰もが あこがれる職業の為、(人気企業は数百倍の競争率)企業への応募が大変多く競争が激しいのが現状です。

転職する為には、プランナーのスキルが求められています。

面接時にかなりの専門的な質問をされているのが現状ですから、この道に進みたいと考えるのであれば、やはり専門知識を勉強されることが一番の近道です。

しかしながら、知識を身につけるだけではウエディングプランナーにはなれません。

学歴はそれほど関係ありません、なんといっても対お客様のお仕事 どの企業も面接をかなり重視するようです。

第一印象を良くするためのトレーニングや会話、敬語の知識が試されます。

専門的な事を多く学ばなくてはならない為 ご自分にあった良いスクールに通うことが一番です。

ウエディング・プランナーに適した年齢は?

ウエディングプランナーの募集は20~35歳くらいまでが一般的ですが幅広い年齢層で求められています。

ご結婚される新郎新婦と同世代ですと 同じ時代背景で、同じ話題が多く、お客様との信頼関係を築く事が出来ます。

また、結婚されるカップルのご家族とのお話し合いや ご説明は、ある程度人生経験豊富なスタッフが必要ですので30代の方も必要です。

ウエディング・プランナーは年齢を問わずお仕事につくことができます。

また、若いうちにウエディング・プランナーのお仕事をしていれば 一度引退(結婚、出産)をしてもいつでも経験者として復帰する事も可能な職業です。

求む!男性プランナー!

ウエディングプランナーは女性だけの仕事ではありません。

男性 プランナーを希望している企業もかなり多いです。

男性は責任ある立場に付くことが多く男性のプランナーの存在は各企業、会場、ホテル等にとって、 大切な存在とみなされています。

 

 

ブライダル・プランナー検定は日本語ですか?


ABCブライダル・プランナー検定は2003年よりABC協会日本支部が、「日本におけるブライダル産業の向上発展に貢献する人材の育成」を目的として、適切な知識と能力、経験を備え持つ人材として認められるために、その能力を証明する的確なガイドラインとして実施しているので、試験は日本語です。

 

 

 

どこで受験できますか?

日本では東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、仙台、横浜などの大都市全国約50ケ所、オーストラリアではシドニーで受験できます。

ブライダル・プランナー検定は日本語ですか?

ブライダル・プランナー検定は2003年よりABC協会日本支部が、「日本におけるブライダル産業の向上発展に貢献する人材の育成」を目的として、適切な知識と能力、経験を備え持つ人材として認められるために、その能力を証明する的確なガイドラインとして実施しているので、試験は日本語です。

 

全米ブライダル・コンサルタント(ABC)協会について教えて下さい。

全米ブライダル・コンサルタント(ABC)協会は、約半世紀の歴史があり世界中で活躍するウエディング・プランナーや ブライダル・コンサルタント、ブライダル関係業種(フラワー、メイク、ドレス、フォトなど)の活動組織です。

現在、アメリカ全州、カナダ全州をはじめ 6大陸、40カ国で約6000名のメンバーが在籍しており世界で最も大きく権威のある協会です。

アメリカで活躍中の協会認定のトップブライダル・コンサルタントは多くのハリウッドスターのウエディングをプランニングしています。

日本でもこの協会に多くのウエディング会社、関係者が所属しています。又、この検定は日本で全国的に実施され、日本のブライダル業界にも公認された資格です。

全米ブライダル・コンサルタント協会 http://www.bridalassn.com/Default.aspx
日本支部 http://www.abc-japan.org/

短期間で検定合格をめざせるスクールを教えて下さい。

シドニーのM’s Studioは、2週間集中コースがあり 短期間で検定合格をめざせます!

 

M’s Studioの合格率は?

ブライダル・プランナー検定は2003年よりABC協会日本支部が、「日本におけるブライダル産業の向上発展に貢献する人材の育成」を目的として、適切な知識と能力、経験を備え持つ人材として認められるために、その能力を証明する的確なガイドラインとして実施しているので、試験は日本語で